公開日:2018年2月19日
最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
直接工事費は工事費用の中でも施工に直接かかる費用のことで、直接工事費は主に材料費や労務費、直接経費(機械経費)に分類されます。今回は、その中でもいわゆる人件費に値する労務費の計算について解説します。図面だけでは予測が難しい労務費ですが、「歩掛」を用いることで簡単に算出できます。

新人OL
若葉ちゃん
「工事業の見積書作成」のシリーズをはじめから読みたい方は、こちらの
「工事業の」基本的な見積書の書き方【保存版】からお読みください。

歩掛(ぶがかり)とは

歩掛とは、ひとつの作業を行うにあたり、必要な作業手間を数値化したもので、国土交通省でも建設工事、電気工事、機械設備工事それぞれの「標準歩掛」を毎年度制定しており、ホームページでも閲覧できます。ただし、歩掛は現場によってそれぞれ異なるので、状況に応じて各自調整する必要があります。

新人OL
若葉ちゃん
仙人、前から話には出てきているけど、歩掛ってなんですか?
仙人
歩掛とは、「ひとつの作業を行うにあたり、必要な作業手間を数値化したもの」じゃ。具体的には、

(例)照明器具Xを取り付けるにあたり、Aさんは、1人で取り付けを行い、1台につき1時間30分の時間を要する。

 
照明器具Xを取り付けるにあたり、1人の作業員が8時間(1日)で行える作業量は、0.18=歩掛
例えば、照明器具Xを7台取り付けるとなると、0.18×7=1.26人工必要となる。

新人OL
若葉ちゃん
どれくらい時間がかかるかを表しているんですね!歩掛が1=作業に一人の作業員が1日必要となる、と。
仙人
そうじゃ。そして歩掛は、材料ごとや、施工方法などで異なってくるんじゃ。
新人OL
若葉ちゃん
極端な話、照明器具Xが「街灯」なのか「一般家庭の蛍光灯」なのか、同じ蛍光灯でも、施工方法が「埋込形」なのか「直付形」なのか…など、細かく異なってきますよね。
仙人
うむ。そういった施工方法による歩掛の違いも、国土交通省の「標準歩掛」は網羅しておる。ただし、国土交通省で毎年制定している歩掛は、電気工事業の場合、電気工事士の有資格者で実務経験3~5年で健康な青年・壮年を想定しているんじゃ。
じゃから、「『ベテランで仕事が早くてキレイ・確実』なことが売りのAさん」や、「『電気工事士見習い』新人Bくん」では、ズレがある。「標準歩掛」を参考に、自社に合わせ臨機応変に変更することも必要じゃ。
新人OL
若葉ちゃん
なるほど。それでは、歩掛を使用して、どうやって労務費を計算するんですか?

 

歩掛を用いた労務費の計算式

上記で説明した歩掛を使って、労務費は次のように算出されます。

【労務費=※1所要人数(設計作業量×該当作業の歩掛)×※2労務単価(基本日額+割増賃金)】

つまり、上記の例のような照明器具Xを、都内の普通作業員が7台取り付ける際の労務費なら…

※1の「所要人数」は、工事の状況に応じてその都度決めることが望ましいですが、一般的には標準歩掛から算定します。

※2の「労務単価」は各職種において標準的に支払われる賃金である「基本日額」と、特殊な条件を要する作業に従事した場合や所定労働時間外に労働した場合に支払われる「割増賃金」を合わせたものです。公共工事の場合は「公共工事設計労務単価」による基本日額を使用します。上記の図では、平成27年度の東京の労務単価にて計算を行っています。

新人OL
若葉ちゃん
うーん、これを一つひとつの材料で行うのは、やっぱり大変ですね。

 

積算を簡単に行うには積算専用ソフトがおすすめ

非常に複雑であると同時に正確さが求められる積算の作業。弊社積算用ソフト「ハウロードシリーズ」をご活用頂く企業様が増えてきています。積算用ソフトがあれば、使用する材料の名前を選択し数量を入力するだけで、歩掛を使用した計算を正確に行うことができます。工事の規模にかかわらず短時間で適切な見積書を作成することも可能となり、作業効率は大幅にアップします。

新人OL
若葉ちゃん
ハウロードシリーズなら、工種に合わせた歩掛や、作業員ごとの歩掛も設定できるから、とっても簡単ですねっ

 
歩掛が積算する上で大変重要な役割を担っていることがわかりました。
次回は直接工事費の中の「直接経費」の計算方法についてご説明します。

 

 

シリーズ第1回へ
シリーズの前の記事へ
次の記事へ
 

当コラムの記事一覧はコチラ

 


     

この記事の感想を、是非お送りください。

この記事の感想を、是非お送りください。
こんなコラムが読みたい、などのリクエストもお待ちしております。
頂いた感想は、今後の記事の改善・記事テーマの参考にさせていただきます。
誤送信防止のチェックボックスと、★の評価以外は未記入でも送信できます。
  
お名前(ニックネーム)
この記事の評価
必須
メッセージ
送信確認
必須
※誤送信防止のため、
お手数ですが下記欄をクリックし、チェックを入れてください。