公開日:2018年4月2日
最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
「原価」という言葉はよく聞きますが、そもそもどのようなものを指すのでしょうか。今回は原価の概念や原価を構成する3つの要素について解説します。
※概要の後の解説は、工事業の方向けの内容となっています。

原価の3要素

原価計算をする際は、何を使うことで発生した原価なのかを分類する必要があり、発生の形態による分類方法を形態別分類といいます。

材料費

原料や材料など、物を消費することにより発生する原価のことをいいます。

労務費

労働力を消費することにより発生する原価のことをいい、いわゆる人件費にあたります。

経費

材料費と労務費以外の消費により発生する原価のことで、水道光熱費や交通費などが含まれます。

以上の3つは原価の3要素と呼ばれ、原価計算をする上での軸となります。
※工事業の場合、「外注費」という分類も発生しますが、一般的には上記の3つです。

原価の概念


 

原価には何が含まれ、何が含まれないのでしょうか。原価計算の際に必要な国の定める原価計算基準には、原価の概念について次のように定められています。

  1. 原価は経済的価値を消費した時に発生するものであり、材料を購入しただけでは原価には入りません。また、空気など金銭的価値のないものは原価には含みません。
  2. 原価は製品の製造から販売まで、またはサービスを提供するまでに消費された経済的価値を指し、生産物に関連した消費のみに価値が転嫁されたと考えます。未完成の製品や副産物も含みます。
  3. 原価は本業の経営に関する消費分しか認められません。例えば、経営資金を銀行から借入れた場合の利息などは原価には含みません。
  4. 原価は正常な状態での経営活動で発生した消費のみを対象とします。製造過程における正常な範囲での失敗は原価に含まれますが、災害や盗難など異常な状態での損失は原価には含まれません。
仙人
わしの大好きなドーナツに例えて、具体的に説明していこうかの。

原価は経済的価値を消費した時に発生するものであり、材料を購入しただけでは原価には入りません。また、空気など金銭的価値のないものは原価には含みません。

新人OL
若葉ちゃん
仙人、「原価は経済的価値を消費した時に発生するものであり、材料を購入しただけでは原価には入りません」とはどういう意味でしょうか。
一見前後の文が繋がっていない気がするのですが…。
仙人
そうじゃの、文字にすると少しややこしく感じてしまうかもしれんのじゃが。
材料を購入しても、実際に使用しなければ、原価には含まれない。と考えれば分かりやすいかもしれんの。

 

新人OL
若葉ちゃん
なるほど…。そうすると2/3の小麦粉は、原価ではなくただの「在庫」になるんですね。

 
 

原価は製品の製造から販売まで、またはサービスを提供するまでに消費された経済的価値を指し、生産物に関連した消費のみに価値が転嫁されたと考えます。未完成の製品や副産物も含みます。

新人OL
若葉ちゃん
簡単な言葉に置き換えてみると、
未完成のドーナツを含め、対象のドーナツ(プレーンドーナツ)に関する消費のみが「=原価」ということでしょうか。

 

※未完成でも、消費をしていれば=原価となる。

仙人
大正解じゃ!

 
 

原価は本業の経営に関する消費分しか認められません。例えば、経営資金を銀行から借入れた場合の利息などは原価には含みません。

 

新人OL
若葉ちゃん
「プレーンドーナツ」の原価なら対象基準はあくまで、「プレーンドーナツのみ」というわけですね。

 
 

原価は正常な状態での経営活動で発生した消費のみを対象とします。製造過程における正常な範囲での失敗は原価に含まれますが、災害など異常な状態での損失は原価には含まれません。

 

 
 

新人OL
若葉ちゃん
文字にすると少しややこしく感じましたが、理解すればとても簡単なことですね。
 
 
次回は、原価計算の大きな目的でもある財務諸表について解説します。

 

シリーズ第1回へ
シリーズの前の記事へ
次の記事へ
 

当コラムの記事一覧はコチラ

 


     

この記事の感想を、是非お送りください。

この記事の感想を、是非お送りください。
こんなコラムが読みたい、などのリクエストもお待ちしております。
頂いた感想は、今後の記事の改善・記事テーマの参考にさせていただきます。
誤送信防止のチェックボックスと、★の評価以外は未記入でも送信できます。
  
お名前(ニックネーム)
この記事の評価
必須
メッセージ
送信確認
必須
※誤送信防止のため、
お手数ですが下記欄をクリックし、チェックを入れてください。