公開日:2018年6月19日
最終更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

業務改善は大手の企業よりも全ての業務に目が届きやすい中小企業の方が成功しやすいと言います。業務改善を行うことによって、ミスの低減や抑制、業務成果の向上、さらには業務時間短縮や仕事の効率化を図ることが出来るのです。「業務改善」と聞くと、大層なことのように感じるかもしれませんが、実は業務改善は、企業規模に関係なく、小さな内容からもはじめることが可能です。
今こそ業務改善を行い、ストレスフリーな業務進行を目指してみませんか?

「業務改善」という言葉は、うちみたいな小さな会社には無縁の話…と思っていませんか?
実はそんなあなたにこそ、是非重要性について知っていただきたいのが工事業の業務改善です。

新人OL
若葉ちゃん
業務改善って、大きな会社ではよく聞くイメージだけど…。
仙人
実は中小企業にとっても、非常に重要なことなんじゃよ。
例え一人親方の個人企業だったとしても、少しの改善が何年後にも渡って良い効果をもたらしたり、数十年後の企業の成長のきっかけになることもあるんじゃ。
だから、業務改善は企業規模に関係なく、とても必要なことなんじゃよ。

 

仙人
ハウロードシステムでは、みなさんの工事業に関するお悩みにお答えしています。
もっと●●について知りたい!そんなあなたは、この記事下のフォームから匿名でも質問を送信可能じゃ!

 

従業員の意欲向上のためにも業務改善は重要!

新人OL
若葉ちゃん
とはいえ、業務改善がどういうものなのかいまいち分かりません。
仙人
どういった業務の改善を行うかによって、結果は変わってくるが・・・残業や休日出勤を減らすためや、業務の効率や効果を向上するため…など、種類は様々じゃが、何十年後を見据えたことから身の回りの小さなことまで、今よりもスムーズに業務が行えるよう改善していくのが目的じゃ。

 

このほか、従業員の意欲向上のためにも、仕事の効率化を図る業務改善は非常に重要です。
効率化が進めば、スムーズな業務進行が可能になることで従業員の意欲向上につながり、さらなる業務改善につながるでしょう。

新人OL
若葉ちゃん
なるほど。それなら私一人からでも出来る改善案も、見つかりそうですね。
仙人
うむ!早速はじめてみよう。まずは…

 

業務改善を行う前に現状を確認しておくこと

業務改善を行う前に、社内において今どういった仕事が、どういった流れで行われているかを洗い出しすることが必要となります。

仙人
現在進行系で行われている業務を「見える化」することで現状把握が容易になるんじゃ。問題点を洗い出すため、まずは現状をきちんと把握せねばのぅ。
新人OL
若葉ちゃん
抱えている問題点を認識できれば、業務改善の際も正しい判断が出来るようになりますね!
仙人
業務フローがなければ、どのような流れで誰がどのように、どのような業務を行っているか?の確認を行い、業務フローの作成からはじめてみようぞ。

 

業務改善で目指す3つのポイント

業務改善で目指したいポイントは、主に以下の3点となります。

効率化
ミスの低減・抑制
業務成果の向上

この3点を意識するだけで、業務の進行に格段の違いが見えるでしょう。

新人OL
若葉ちゃん
仙人、業務成果の向上といっても、今でも精一杯心がけているんです・・・。具体的にどうすれば良いんでしょうか。
仙人
うむ。それは次回の記事にて、解説していこうかのぅ。

 

今回は工事業における業務改善の重要性についてなどをご説明しました。
次回は先ほどご紹介した「業務改善で目指す3つのポイント」について詳しく掘り下げていきます。

 

工事業に即した、自社に即した販売管理を適切に行うことで、是非利益の向上や企業の成長への手がかりにしませんか?
ハウロードシステムの販売管理システムは、工事業専用の使いやすさ。さらに、電気工事業・設備工事業・建設工事業、それぞれに対応しています。必要に応じ、カスタマイズも可能です。是非、無料の体験版で良さを実感してください。

ハウロードシステム 販売管理システムの詳細はこちらをクリック!

 

人気シリーズ第1回へ
関連人気記事へ
次の記事へ
 

当コラムの記事一覧はコチラ

 


     

この記事の感想を、是非お送りください。

この記事の感想を、是非お送りください。
こんなコラムが読みたい、などのリクエストもお待ちしております。
頂いた感想は、今後の記事の改善・記事テーマの参考にさせていただきます。
誤送信防止のチェックボックスと、★の評価以外は未記入でも送信できます。
  
お名前(ニックネーム)
この記事の評価
必須
メッセージ
送信確認
必須
※誤送信防止のため、
お手数ですが下記欄をクリックし、チェックを入れてください。