IT導入補助金2022、募集開始。詳しくはコチラ!

【令和3年度第3四半期受注分】建築物リフォーム・リニューアル調査報告が公開されました【工事業に関するお役立ち情報】

令和3年度第3四半期受注分の建築物リフォーム・リニューアル調査報告が公開されました。

受注高は前年同月比21.6%増加。

いつも「HOW ROAD TO 工事業」をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
「工事業に関するお役立ち情報」では工事業に関する最新情報や、お役立ち情報をまとめています。

 

建築物リフォーム・リニューアル調査報告とは?

国土交通省のホームページより、建築物リフォーム・リニューアル調査が四半期毎に調査・公開されています。

建築物リフォーム・リニューアル調査とは
  • 建築物のリフォーム・リニューアル工事の市場規模及び動向の把握を目的。
  • 調査対象…建設業許可業者 5,000 者

令和3年度第3四半期は、令和3年10月1日~令和3年12月31日に受注を行った工事が対象となっています。

 

令和3年度第3四半期受注分の受注高

 

受注高の合計3兆1,581億円
前年同月比 21.6%増
うち、住宅に係る工事1兆332億円
前年同月比 17.1%増
うち、非住宅建築物に係る工事2兆1,249億円
前年同月比 23.9%増
出典:国土交通省ウェブサイトの建築物リフォーム・リニューアル調査報告をもとに株式会社ハウロードシステム作成

 

住宅の受注高

 

増築工事120億円
前年同月比 50.4%減
一部改築工事200億円
前年同月比 15.2%減
改装・改修工事8,397億円
前年同月比 31.1%増
維持・修理工事1,614 億円
前年同月比 16.7%減
出典:国土交通省ウェブサイトの建築物リフォーム・リニューアル調査報告をもとに株式会社ハウロードシステム作成

 

非住宅建築物の受注高

 

増築工事2,345億円
前年同月比 275.1%増
一部改築工事331億円
前年同月比 5.7%減
改装・改修工事、維持・修理工事1兆8,573億円
前年同月比 14.9%増
出典:国土交通省ウェブサイトの建築物リフォーム・リニューアル調査報告をもとに株式会社ハウロードシステム作成

 

目的別の受注件数では、住宅・非住宅建築物ともに「劣化や壊れた部位の更新・修繕」が最も多く、「省エネルギー対策」が続く形となりました。