「IT導入補助金2021」対象ITツールに登録されました

IT導入補助金とは?2021は最大2/3を補助。この機会に、工事業もITツールで生産性向上を。

近年は見積作成や請求書発行など、工事業においてもITツールを使用して業務を行うことが当たり前になってきました。

弊社のコラムでも長年工事業における業務ソフトについてをご案内していますが、ネックとなるのが費用ではないでしょうか。

今回は工事業を営む方にもご使用いただける「IT導入補助金」についてご案内させていただきます。

最大2/3を補助するこちらの補助金。

この機会に、工事業もITツールでテレワーク化や生産性向上を行いませんか?

 

IT導入補助金とは

経済産業省が推進する、中小企業・小規模事業者等が「自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する」ための経費の一部を補助する補助金です。

具体的には「生産性向上に役立つITツール」が補助の対象となっており、業務効率化や売上アップといった経営力の向上・強化を目的としています。

事業規模等の要件はありますが、建設業も対象となっています。

仙人

弊社では電気工事業・設備工事業・建築工事業向けシステムが補助対象の製品として登録されています。

参考 IT導入補助金トップページIT導入補助金公式ホームぺージ

 

補助される金額は?

IT導入補助金2021はA類型・B類型・C類型(C-1、C-2)・D類型の5種類があります。

各類型ごとに、補助率や補助上限等が異なります。

申請類型補助下限・上限額補助率
A類型30万円~150万円未満1/2以内
B類型150万円~450万円以下1/2以内
C-1類型30万円~300万円未満2/3以内
C-2類型300万円~450万円以下2/3以内
D類型30万円~150万円以下2/3以内
補助上限・下限と補助率など、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

仙人

 

IT導入補助金を活用することで、導入費用のうち最大2/3を補助金活用が行えます。

 

それぞれの類型の違いは?

各類型によって、導入するITツールの要件などが変わってきます。

 必要プロセス数賃上げ目標非対面化ツール導入ツール要件
A類型1以上加点項目-労働生産性の向上に資するITツール
B類型4以上必須項目-労働生産性の向上に資するITツール
C-1類型2以上加点項目必須労働生産性の向上に資するITツール
複数のプロセス間で情報連携し、複数プロセスの非対面化・業務の効率化を可能とするITツール
C-2類型2以上必須項目必須労働生産性の向上に資するITツール
複数のプロセス間で情報連携し、複数プロセスの非対面化・業務の効率化を可能とするITツール
D類型2以上加点項目必須労働生産性の向上に資するITツール
テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするITツール
「プロセス」はベンダー側がITツール登録時に申請します。プロセスの説明は複雑な部分もありますので、詳細についてはお問い合わせください。

仙人

類型判別チャートもご参考ください。
※申請する類型は、プロセス数やITツール要件を満たす類型の範囲内であれば申請者が選択できます。

 

どんなITツールが対象?

補助対象となるITツールは、事務局より認定されたITツールに限られます。

株式会社ハウロードシステムは、対象となるITツールとして下記の製品が認定されました。

 

補助の対象外となる事業者は?

事業の規模など、要件が定められています。

申請の対象となるのは「中小企業・小規模事業者等」となっており、その定義は業種分類ごとに異なります。

建設業の場合、定義は下記のようになっています。

建設業の、申請対象となる中小企業・小規模事業者等の定義
    • 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社

または

  • 常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人事業主

この他にも、類型ごとに要件が定められています。詳しくは公式サイト内、公募要領をご確認ください。

新人OL 若葉ちゃん

公募要領は類型ごとに分かれています。申請を行う類型に合わせご確認ください。
参考 IT導入補助金2021 公募要領 通常枠(A・B類型)IT導入補助金公式ホームぺージ 参考 IT導入補助金2021 公募要領 低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)IT導入補助金公式ホームぺージ

 

準備が必要なものは?

申請するにあたり、必要となるものがいくつかあります。

中には取得までお時間がかかるものもありますので、お早めのご用意開始をお勧めいたします。

※下記でご紹介するのは法人の内容です。ご申請頂く方が個人事業主の場合、内容が異なります。

GビズIDプライム

IT導入補助金の申請以外にも、複数の行政サービスをひとつのアカウントで管理が行えるシステムです。

「gBizIDプライム」と「gBizIDエントリー」の二種類がありますが、申請にあたり必要となるのは「gBizIDプライム」です。

参考 GBizID

新人OL 若葉ちゃん

取得までは通常でも2週間ほど要します。2021年4月現在、問合せ増により発行まで3週間以上かかっていると告知されています。

 

SECURITY ACTION

中小企業が自ら「情報セキュリティ対策」に取組むと自己宣言を行う制度です。

「★一つ星」と「★★二つ星」の二種類がありますが、申請にあたっては「★一つ星」から対象となっています。

参考 SECURITY ACTION

新人OL 若葉ちゃん

手続き完了までは1週間ほど要します。

 

履歴事項全部証明書(発行から3か月以内のもの)

法務局にて取得が行えます。発行から3か月以内のものを用意する必要がございます。

 

納税証明書

管轄の都道府県税事務所や市区町村役場にて発行が行えます。

直近の納税証明書でかつ、「その1」または「その2」をご用意ください。

 

そのほか

このほか、申請を行う際の項目として前期・前々期の決算情報も必要となります。

 

スケジュールは?

IT導入補助金のスケジュールは段階的に発表されます。

スケジュール発表次第、随時更新いたします。

 締切交付決定日事業実施期間事業実績報告期間

1次5月14日
17:00 予定

※終了しました。
6月15日交付決定日以降~
2022年1月28日(金)
9月2日(木)受付開始~
2022年1月28日(金)17:00まで
2次7月30日
17:00 予定

※終了しました。
8月31日交付決定日以降~
終了時期は後日案内予定
9月2日(木)受付開始~
2022年1月28日(金)17:00まで
3次9月30日 17:0010月29日
予定
交付決定日以降~
終了時期は後日案内予定
後日案内予定
4次11月中予定12月中予定交付決定日以降~
終了時期は後日案内予定
後日案内予定

 

申請の流れは?

IT導入補助金は、採択が行われてからの補助事業開始となっています。

お気軽にご相談ください。

※IT導入補助金2021においては、C/D類型について「2021年1月8日以降」にITツールの契約・納品・支払いが行われたものについても要件を満たせば申請が行えます。

STEP.1
お打合せ・ご相談

まずは製品や補助金についてのご相談をどうぞ。

弊社の担当者がご説明させていただきます。製品の御見積書もお送りさせていただきます。
※ご相談等はお電話・WEB会議システムにても行えます。

STEP.2
申請準備

申請にあたり必要な書類をご準備ください。

また、申請にあたり必要な事項をヒアリングいたします。

STEP.3
申請

申請を行います。

IT支援事業者が手続きもサポートを行います。

STEP.4
採択結果

交付申請の採択結果を待ちます。

交付決定の通知日は、申請日ごとに異なります。

STEP.5
お打合せ・納品

無事に採択されましたら、お日にちをお打合せのうえ納品を行います。

万が一不採択だった場合は、次回締切での再申請または納品の見送りも可能です。

STEP.6
お支払い

納品完了後、お支払いをお願い致します。
STEP.7
事業完了報告書の提出

お支払い完了後、事業完了報告書を事務局へ提出します。

報告書を提出時も、手続きのサポートを行います。

STEP.8
補助金の振込
約1ケ月程度で、事務局からお客様の元へ補助金額が振込されます。

新人OL 若葉ちゃん

別途、3回の「事業実施効果報告」が必要です。

 

IT導入補助金対象の工事業向け業務ソフト

株式会社ハウロードシステムでは、対象となる「生産性向上に役立つITツール」の中でも、工事業に特化した「見積・積算・受注・原価・販売管理システム」を販売しています。

見積作成から工事完成後の見直しの流れを、一元管理いたします。

 

見積・積算システム


誰にでも簡単で素早く正確な見積作成が行えます。

誰が作成しても統一された適正価格の見積書で、提出する取引先からの信頼も高まります。

見積・積算システム

 

受注・原価管理システム


一件一件の工事は勿論、これまで行ってきた全ての工事から、御社の隠れたムダを徹底的に解析します。

正確な原価管理により利益を格段に向上いたします。

受注・原価管理システム

 

販売管理


工事完了後の請求書など、各種書類の発行をスムーズに行います。

お取引先のデータをまとめて管理することで、業務効率を向上いたします。

販売管理システム

 

明細作成は、基本2ステップ


STEP.1
材料を選択する
明細へ入力を行いたい材料を、「材料マスタ」から選択します。

材料マスタは①画面下部の分類、②検索から選択できます。
手入力も行うことが可能です。

STEP.2
数量を入力する
材料マスタから選択した材料は、数量を入力すれば基本は一行完成です。

入力ミスなどもありません。
誰が作成しても、統一された適正価格の見積が算出できます。

 

お気軽にご相談ください

IT導入補助金は、IT導入支援事業者(ITベンダー)が補助事業者(申請を行う中小企業・小規模事業者等)様へ、ITツールの説明や導入、運用方法の相談等のサポートの他、補助金の交付申請や実績報告等の事務局へ提出する各種申請や手続きもサポートいたします。

工事業向け業務ソフトのご導入をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。