IT導入補助金2022、募集開始。詳しくはコチラ!

令和4年3月からの公共工事設計労務単価【工事業に関するお役立ち情報】

令和4年3月からの公共工事設計労務単価が引き上げとなります。

いつも「HOW ROAD TO 工事業」をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
「工事業に関するお役立ち情報」では工事業に関する最新情報や、お役立ち情報をまとめています。

 

公共工事設計労務単価が引き上げ

国土交通省のホームページより、公共工事設計労務単価について発表がありました。

令和3年度に実施した公共事業労務費調査に基づき決定し、令和4年3月から適用となります。

要点のまとめ
  • 公共工事設計労務単価が全国主要12職種単純平均で対前年度比3.0%引き上げ
  • 全国全職種単純平均では前年度比2.5%引き上げ
  • 全国全職種平均値は10年連続の上昇
  • 適用は令和4年3月から

 

令和4年3月以降の見積作成時は、労務単価を今一度ご確認ください。

資料の後半には「公共工事設計労務単価表」や「建設労働者等の雇用に伴う必要経費を含む金額の参考公表」も掲載されています。

「公共工事設計労務単価表」では都道府県ごとの適用となる公共工事設計労務単価が記載されていますので、現在公共工事を手掛けていない企業様も是非ご確認ください。