IT導入補助金2022、募集開始。詳しくはコチラ!

工事業の「見積」と「積算」の違い

電気工事、設備工事、建設工事。工事業種の種類は異なれど、必ず重要になってくるのが「見積」と「積算」です。

見積といえば「見積書」を真っ先に思い浮かべる方が多いかもしれませんが、そもそも見積とは?

そして見積と積算の違いとは何でしょうか。

今回は、工事業における見積と積算の違いについて、初心者の方にも分かりやすくお伝えします。

工事業における見積とは原価に利益を乗せること

工事業における見積とは、工事業にかかる原価に対して利益を乗せることです。

発注者が工事にかかるトータルの費用と予算を見比べるための判断材料となります。

混合しがちなポイントとして、「見積金額」と「見積書」があります。

「見積金額」と「見積書」
  • 見積金額…施工業者側が発注者に対して開示する金額
  • 見積書…見積金額が記載されている書類
見積金額はお客様に見せる金額で、見積書は誰が見ても分かりやすく記載することがポイントじゃ!

仙人

 

工事業における積算とは直接工事費を算出すること

工事業において積算とは、材料費や労務費といった直接工事にかかる全ての費用を予測して算出することです。

工事で得られる利益を左右する重要なものです。

同じ工事内容を行う場合でも、工事業における材料費や労務費などの原価は、施工方法や施工場所、銅などの原材料費によって大きく変動してしまいます。

例えば新築工事を行う場合、上記の施工方法などの他にも、間取りや立地条件といった施工環境によって必要な材料や労力が異なり、費用が一定ではありません。

そのため、それぞれの工程でかかる費用を全て予測して算出しないと損をしてしまうことになります。

きちんと「積算」を見積作成ごとに行うことが、赤字にならず、利益をきちんと確保するためのカギとなってきます。

新人OL 若葉ちゃん

つまり、積算のカギは…
積算のカギ
  1. 「実際の工事施工にいくらかかるか」を予測
  2. 確保すべき利益分を踏まえる
  3. 見積金額を算出
  4. 見積書の作成を行う

 

うむ、正確な見積金額を算出するためにも、積算は重要なポイントじゃ!

仙人

しかし、当然ながら工事の規模が大きくなるほど積算は複雑になってしまいます

新人OL 若葉ちゃん

材料一つの積算を行うだけでも、とても大変ですよね。この作業を大規模な工事でも行うとなると…仙人、考えただけでもくらくらしそうです。
小規模だったとしても、一つの計算ミスが大きな損失につながることもあるからのぉ…。

仙人

正確な積算で確実に利益を確保するには、見積・積算ソフトの導入がおすすめです。

 

まとめ

  • 工事業における「見積」は発注者にとっての判断材料。
  • 公平な見積金額を出すには正確な「積算」が求められる。
  • 「積算」は直接工事にかかる全ての費用を予測して算出する。
  • ただし工事業における費用は、施工方法や施工場所、材料費などで結果が大きく異なる。
  • 同じ工事内容であっても1件1件の工事ごとに正確な積算を行うことが利益確保のカギとなる。

新人OL 若葉ちゃん

仙人、見積・積算ソフトがおすすめと言っていましたが…どういうものですか?

 

積算を簡単に行うには積算専用ソフトがおすすめ

「工事の見積作成って、なんだか難しそう…」そんな方にもおすすめなのが、工事業用の見積・積算システムです。

弊社のハウロードシリーズの見積・積算システムは、パソコン1台でご使用いただけるスタンドアロン版なら88,000円(税込)からご用意

建設業向けの見積システムなら、スタンドアロン版で55,000円(税込)でお使いいただけます。

電気工事業向けEシリーズ、設備工事業向けSシリーズは職種別の歩掛を4種類まで設定可能です。

ハウロードシリーズのメリット
  • 歩掛や雑材料などの細かな係数は、「数量」を入力すればシステムが自動で算出
  • 工事の規模にかかわらず短時間で適切な見積書を作成
  • 作業効率を大幅にアップ

見積書は、発注側と請負側のどちらにとっても非常に重要なものです。

複雑な上に正確さが求められる作業だからこそ、専用ソフトを上手に活用して効率よく作成を行いたいものですね。

新人OL 若葉ちゃん

材料を選んで数量を入力するだけなら、今の方法より時短になりますね!早速社長に教えないと!
ハウロードシリーズなら、見積の作成と一緒に原価や販売の管理も行えるんじゃ!見積作成で業務効率も利益も上昇じゃ!

仙人

関連記事リンク

基本的な見積書の書き方・書くべき項目
積算の方法
積算を行う前に
工事価格の構成と積算
 直接工事費とは?
工事業の「見積」と「積算」の違い
工事業の見積作成で困ったら、国土交通省のデータを活用しよう!
【年間130万円の差!】工事業向け見積ソフトのコストパフォーマンスは?
積算に関するおすすめ本3選
歩掛とは?